イベント情報 event

EVENT DETAIL スポーツオーソリティのイベント詳細を紹介いたします。

【イベントレポート】車いすテニス世界国別対抗戦

【イベントレポート】車いすテニス世界国別対抗戦

イベントレポート

イベントレポート

イベントレポート

2016年5月22日(日)~28日(土)、有明コロシアム・有明テニスの森公園にて、車いすテニス 世界国別対抗戦が行われました。

普段はスポーツオーソリティラケット部門スペシャリストとして、全社のスタッフ教育やお客さまサービス向上を担当し、また、幕張新都心店の店頭でガット加工や販売を行っている市川が、このたび「車いすテニス世界国別対抗戦(BNP Paribas World Team CUP)」のメインストリンガーとして、参加選手のストリンギングサービスを行って参りました!

★ラケット部門スペシャリスト市川のコメント★

世界TOPの選手が集うこの大会は、車いすテニスのデビスカップ、フェドカップとも言える大会で30年の歴史があり、日本では初開催となりました。そして世界各国から約200名以上の選手が参加され、全部で5部門、男子(1部、2部)、女子、クアード(4肢まひのクラス)、ジュニアの各部門から、多くの選手の皆さまがストリンギングブースにお越し頂けました。

競技としては特徴的な部分もあり、ツーバウンドまでOKな為、ボールが低くなり、下からすくい上げて打つショットも多いので、テンションを緩めに張られたり、柔らかいストリングを使用したり、ボールがラケットに乗る、引っかかる事を重視されている方も多くいらっしゃいました。また、ドロップショットやボレーも良く使う為、ボールタッチも非常に重要です。そういった競技性もストリンギングで表現されておりました。

さて、ストリンガーとして1週間、各国代表選手のストリンギングを行ってきましたが、とても気さくな選手が多く、あいさつをして頂いたり、冗談を聞かせて頂いたりと、楽しみもありながら過ごす事ができました。そして最後には、国枝選手をはじめ、日本代表選手や、各国の選手からも、ありがとうございます、とご挨拶いただきました。

ただ、わたくしの方こそ、本当にありがとうございますという気持ちで一杯でした。世界有数の選手が、世界トップの試合を行っている、そんな環境の中で、選手のラケットを張らせて頂く、こんな素晴らしい仕事環境を与えていただける事に、感謝しかありません。そして一週間という長期間ではありましたが、最終日、最終試合まで、選手の皆さまのストリンギングをまっとうする事が出来たのも、選手のみなさま、関係者のみなさま、観客のみなさま、全ての方に感謝しています。

この世界大会での経験は、スタッフとしっかりと共有し、各店舗のお客さまによりご満足いただけるストリンギングサービスをご提供できるよう、取り組んで、成長を続けて参ります。今後もスポーツオーソリティのストリングサービスを是非ご利用下さい。